アトピー性皮膚炎とは?
アトピー性皮膚炎とは痒みや湿疹が出る皮膚の病気です。未成年者の10%はアトピーに悩まされているのが現状です。しかし子供だけの皮膚疾患ではなく成人するまで治らない人や再発してしまう人も多いようです。

アトピー性皮膚炎になりやすい体質は?
アトピー性皮膚炎は親がアトピーだった場合に体質を受け継いでしまうケースもありますが、そうでない場合もあります。環境や化粧品、アクセサリーなどによって引き起こしてしまうケースも十分にあります。

アトピー性皮膚炎になりやすい環境は?
アトピー性皮膚炎は環境に大きく左右される部分があります。アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンという物質が大きく影響しており、ダニや花粉などが発生しているような環境にいると引き起こしやすくなります。

アトピー性皮膚炎の症状は?
アトピー性皮膚炎の症状には痒や湿疹などがありますが、それらを発生させる第一の症状がまず乾燥です。乾燥が酷くなってくるとフケ・水ぶくれ・痒み・しこりなどの症状が表れてきます。

アトピー性皮膚炎は年齢によって症状が変化する?
アトピー性皮膚炎年齢によって症状が変化していきます。乳幼児に起こる症状や16歳以上に起こる症状は違ってきますので確認しておきましょう。

アトピー性皮膚炎の検査方法は?
アトピー性皮膚炎の検査方法大きく分けると皮膚検査と血液検査が行われます。血液検査として行われるのがIgEラスト法・TARCと呼ばれる検査が行われます。皮膚検査はスクラッチテスト・パッチテスト・皮内検査・負荷試験・除去試験と呼ばれる検査があります。

アトピー性皮膚炎の治療の仕方は?
アトピー性皮膚炎の治療の仕方は主にスキンケアと薬による治療になります。正しいスキンケアを行い、ステロイドや免疫抑制薬を使って治療していきます。

肌を清潔に保つこともアトピー性皮膚炎対策になる?
肌を清潔に保つことはアトピー性皮膚炎に限らず、皮膚の病気では当たり前のことです。スキンケアを怠らないことはもちろんのこと、生活環境を整えてダニなどを防ぐようにしましょう。

ストレスはアトピー性皮膚炎の敵?
ストレスはアトピー性皮膚炎の原因にも十分なりえます。しかし小さい子供の場合はストレスよりも生活環境や体質の方が大きく影響しています。そもそもストレスは肌に悪影響を与えるためなるべくストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

アトピー性皮膚炎の薬物療法の注意点は?
薬物療法を行う場合は医師の診断はもちろんのこと、薬の量や塗るタイミングや期間などもきちんと医師の指示に従うことが大切です。また薬の使用をやめる場合には自身の判断ではなく、医師に確認しからやめましょう。

アトピー性皮膚炎にはステロイドが必要?
アトピー性皮膚炎にはステロイドが効果的なことは言うまでもありません。しかし副作用などもあり、また飲み薬タイプや塗り薬タイプなどもあります。ステロイドについて詳しく解説しています。

アトピー性皮膚炎の治療に使用する薬は?
ステロイドが一般的ですが、副作用などの関係からもステロイド以外の免疫抑制薬を使用して治療も行います。抗ヒスタミン薬を利用してアトピー性皮膚炎の痒みを抑えたりと効果があります。

アトピー性皮膚炎に必要なスキンケアは?
アトピー性皮膚炎の人は肌が乾燥しているため保湿ケアが大切になってきます。しっかりとした保湿ケアをするために風呂あがりに乳液や保湿クリームをきっちりと利用していきましょう。また紫外線はアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうので長袖を着用するなど対策が必要です。

フケもアレルギー皮膚炎の一種?
フケのような症状もアトピー性皮膚炎の初期の症状としてあります。頭皮にフケが出るイメージですが、フケのような鱗屑と呼ばれるものが剥がれ落ちてきます。

肌の乾燥もアトピー性皮膚炎?
肌が乾燥しているからといってもちろんアトピー性皮膚炎ではありません。しかし乾燥はきっちりとしたスキンケアを行うことで改善されていきます。

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑えるためにはどうしたら良い?
まずは生活環境を見つめなおしましょう。寝具や衣類などを刺激の少ないものに変えるなど対策していきましょう。痒みがひどい場合にはすぐに病院に行くことが得策です。

アトピー性皮膚炎の症状が軽減しても薬の使用を中止してはいけない?
アトピー性皮膚炎は薬を使って治療しているとある程度確実に症状は改善されていきます。しかし症状も変化しやすいことから症状が収まったからといって薬の使用を自分の判断でやめることがないように。医師の指示に従ってください。

アトピー性皮膚炎の時は血行良くし過ぎてはいけない?
アトピー性皮膚炎は血行を良くしすぎてはいけません。痒みを伴いますので適度にすることが大切です。運動も適度にして、汗をきっちりと拭き取り清潔にしておくことが大切です。

アトピー性皮膚炎の場合に気を付けたほうが良い食べ物は?
やはり栄養バランスのとれた食生活が理想的です。またお酒も適度ならストレス解消に繋がりアトピー性皮膚炎に効果的です。

このページの先頭へ